出産育児一時金

組合員・家族が出産したときに、出産育児一時金として42万円を支給します。
ただし、妊娠22週未満の出産の場合、又は分娩機関が「産科医療補償制度」に未加入の場合は40万4,000円です。
妊娠12週を超えて(85日以上)の死産・流産の場合も支給します。
以前、社会保険の被保険者として1年以上加入していて、資格を喪失してから、6か月以内の出産については、以前に加入していた社会保険から支給を受けることになります。
出産育児一時金には次の支払方法があります。

〈直接支払制度〉

組合員に代わって分娩機関が出産費用を建設国保に直接請求する制度です。
これにより、分娩機関に支払う出産費用は、出産育児一時金の額だけ軽減されます。
建設国保に対して行う手続きはありません。
出産費用が42万円未満の場合は差額を所属の組合・支部に申請してください。

〈受取代理制度〉

直接支払制度が利用できない分娩機関でも、出産育児一時金を分娩機関に支払う受取代理制度が取り扱える場合があります。詳しくはお問い合わせください。

〈直接支払・受取代理制度を利用しない場合〉

出産費用を分娩機関に支払った後、所属の組合・支部に申請してください。