高額療養費(支払った医療費が高額の場合)

医療機関の窓口で支払った1か月ごとの一部負担金が、自己負担限度額を超えたとき、申請により自己負担限度額を超えた分を支給します。自己負担限度額は、年齢や所得などにより異なります(表参照)。
高額療養費に該当された方には、ご自宅に申請書を送付しますので、必ず所属の組合(支部)に提出してください。
※高額療養費の申請書が提出されない場合には、一部負担払戻金も支給しません。

〈70才未満の自己負担限度額(月額)〉

所得要件 限度額
所得901万円超 252,600円+(総医療費−842,000円)×1%
〈多数回該当:140,100
所得600万円超901万円以下 167,400+(総医療費−558,000)×1%
〈多数回該当:93,000
所得210万円超600万円以下 80,100+(総医療費−267,000)×1%
〈多数回該当:44,400
所得210万円以下 57,600
〈多数回該当:44,400
住民税非課税 35,400
〈多数回該当:24,600

〈70歳以上の自己負担限度額(月額)〉平成30年7月診療分まで

所得要件 窓口負担割合 限度額(外来) 限度額
現役並所得 課税所得
145万円以上
3割 57,600円 80,100円+(総医療費−267,000円)×1%
〈多数回該当:44,400円〉
一般 課税所得
145万円未満※1
2割※2 14,000円
(年間14.4万円上限)
57,600円
〈多数回該当:44,400円〉
低所得Ⅱ 住民税非課税 2割※2 8,000円 24,600円
低所得Ⅰ 住民税非課税
(所得が一定以下)
2割※2 8,000円 15,000円

〈70歳以上の自己負担限度額(月額)〉平成30年8月診療分以降

所得要件 窓口負担割合 限度額(外来/個人ごと) 限度額(外来/世帯ごと)
現役並
所得Ⅲ
課税所得
690万円以上
3割 252,600円+(総医療費−842,000円)×1%
〈多数回該当:140,100円〉
252,600円+(総医療費−842,000円)×1%
〈多数回該当:140,100円〉
現役並
所得Ⅱ
課税所得
380万円以上
3割 167,400円+(総医療費−558,000円)×1%
〈多数回該当:93,000円〉
167,400円+(総医療費−558,000円)×1%
〈多数回該当:93,000円〉
現役並
所得Ⅰ
課税所得
145万円以上
3割 80,100円+(総医療費−267,000円)×1%
〈多数回該当:44,4000円〉
80,100円+(総医療費−267,000円)×1%
〈多数回該当:44,4000円〉
一般 課税所得
145万円未満※1
2割※2 18,000円
(年間14.4万円上限)
57,600円
〈多数回該当:44,400円〉
低所得Ⅱ 住民税非課税 2割※2 8,000円 24,600円
低所得Ⅰ 住民税非課税
(所得が一定以下)
2割※2 8,000円 15,000円

※ 現役並所得の目安は年金および給与収入のある夫婦2人世帯で年収520万円以上、1人世帯で年収383万円以上
低所得Ⅱ…世帯全体が市町村県民税非課税
低所得Ⅰ… 世帯全体が市町村県民税非課税で所得がゼロ、かつ公的年金の収入が1人につき80万円以下

※1 収入の合計額が520万円未満(1人世帯の場合は383万円未満)の場合も含む。(昭和20年1月2日以降生まれの方は所得金額の合計額が210万円以下の場合も含む)
※2 平成26年4月1までに満70歳になった方は1割