高額療養費(支払った医療費が高額の場合)

申請すれば払い戻しに

高額療養費(支払った医療費が高額の場合)

医療機関の窓口で支払った1か月ごとの一部負担金が、自己負担限度額を超えたときに支給されます。

どんな場合に該当しますか?

下記の自己負担限度額を超える支払いをした場合。

申請の方法

自宅に申請書が届きますので所属の組合を通じて申請してください。

※高額療養費の申請書が提出されない場合には、一部負担払戻金も支給されません。

70歳未満の自己負担限度額(月額)
所得要件 限度額
所得901万円超 252,600円+(総医療費−842,000円)×1%
〈多数回該当:140,100
所得600万円超901万円以下 167,400+(総医療費−558,000)×1%
〈多数回該当:93,000
所得210万円超600万円以下 80,100+(総医療費−267,000)×1%
〈多数回該当:44,400
所得210万円以下 57,600
〈多数回該当:44,400
住民税非課税 35,400
〈多数回該当:24,600
70歳以上の自己負担限度額(月額)
現役並
所得Ⅲ
現役並
所得Ⅱ
現役並
所得Ⅰ
一般 低所得Ⅱ 低所得Ⅰ
所得要件 窓口負担割合 限度額(外来/個人ごと) 限度額(外来/世帯ごと)
現役並
所得Ⅲ
課税所得
690万円以上
3割 252,600円+(総医療費−842,000円)×1%
〈多数回該当:140,100円〉
現役並
所得Ⅱ
課税所得
380万円以上
3割 167,400円+(総医療費−558,000円)×1%
〈多数回該当:93,000円〉
現役並
所得Ⅰ
課税所得
145万円以上
3割 80,100円+(総医療費−267,000円)×1%
〈多数回該当:44,400円〉
一般 課税所得
145万円未満※
2割 18,000円
(年間144,000円上限)
57,600円
〈多数回該当:44,400円〉
低所得Ⅱ 住民税非課税 2割 8,000円 24,600円
低所得Ⅰ 住民税非課税
(所得が一定以下)
2割 8,000円 15,000円